技術と発想で未来を拓く

cuebusの使命と目的は最先端の技術により、新発想のモデルを実現することです。

特に、「リニアモーター」、「RFID/IoT」、「AI」、この三つの技術により、今までにない発想のビジネスモデルを構築し、新しい世界を拓いていきます。

第4次産業革命といわれる現在。私たちの進むべき道は迷いなく明確です。

同じ思いを持つ方々と共に、必ず新しい未来を拓いていきます。

ものづくりへの挑戦

第4次産業革命
私たちは挑戦します

cuebusの特長は、ソフトとハードの両面ができることです。

ものづくりをやめていく企業が多い中、私たちは敢えてものづくりに挑戦しました。

なぜ、挑戦することにしたのか。

それはソフトとハードは一体であり、思い描いたシステムを構築するには、最適なハードを作る必要があったということもあります。

しかし、理由はそれだけではない気がします。

単純に、「ものづくりをしたかった」、のかもしれません。

部品を組み立てて、出来上がるワクワク感は最高です。

やはり日本人は世界最高のものづくりのDNAを引き継いでいるのでしょう。

企業である以上、利益を出していかなければなりません。これは経営者の役割です。

ハードとソフト一体のシステム構築。

cuebusは朴訥とした日々の積み上げの中から、世界を変える商品、世界から求められるサービスを提供してまいります。

皆様の応援どうぞよろしくお願いいたします。

代表取締役 大久保勝広

cuebusの事業体制は

マテハン事業とサブスク事業になります。

マテハン事業はリニア倉庫「cuebus」を中心に、物流関連の製品開発、販売、システムの構築です。

サブスク事業はcuebus、IoT、AIなどの技術により、新たなビジネスモデルを創出し、サブスクモデルの構築、運営です。

会社概要

会社名
Cuebus株式会社
住所
本社 東京都江東区青海2−7−4 theSOHO 930
設立
平成27年2月12日
資本金
3750万円 (資本準備金含む) ※令和3年3月現在
役員
代表取締役 大久保勝広
取締役   藤波亮太
取締役   丸木武志
主要株主
大久保勝広
高瀬亘
関連企業
ジェイモードエンタープライズ株式会社 https://www.jmode.co.jp
沿革
2021.3 「次世代イノベーションプロジェクト」
   (東京都中小企業振興公社 助成額8000万円)にCUEBUSが採択されました。 
2020.12 第三者割当増資実施 (資本金3750万円 準備金含む)
2020.8 第三者割当増資実施 (資本金2200万円 準備金含む)
2020.3 第三者割当増資実施 (資本金2000万円 準備金含む)
2019.12 東京都渋谷区渋谷 渋谷スムランブルスクェア 営業拠点開設
2019.9 東京都江東区青海に本社移転
2017.6 第三者割当増資実施 (資本金1000万円 準備金含む)
2015.2 東京都渋谷区代々木にて会社設立